パワーストーン
  1. パワーストーンweb
  2. 運気・目的別で選ぶ
  3. 疲れが取れるパワーストーンの一覧

疲れが取れるパワーストーンの一覧

疲れが取れる癒しのパワーストーンを紹介します。

癒しの効果を持つパワーストーンはたくさんありますが中でも世界三大ヒーリングストーンと言われるラリマー、チャロアイト、スギライトは特に効果が高いとされています。

(※パワーストーンの医学的な根拠を保証するものではありません)

ラリマー

疲れが取れるパワーストーン

ラリマーは愛と平和を象徴するパワーストーンと言われ怒りや嫉妬などのネガティブな感情を鎮めてくれるとされています。

また環境の変化にも適応できる石とされ就職や就学で新しい生活に戸惑っている人を落ち着かせる効果も期待できます。


ラリマーはペクトライト(ソーダ珪灰石)が銅を含有し青色になったものです。

美しい海のような模様を持つことから「カリブ海の宝石」とも言われています。

実際の産出地もカリブ海のドミニカ共和国です、ナショナルストーンにもなっています。

チャロアイト

疲れが取れるパワーストーン

チャロアイトは癒しの力と心の浄化作用が強い石といわれています。

心の疲れを取り、マイナス思考を払拭する効果が期待できます。

また持ち主の人徳を高め人間関係を良好にしてくれるとも言われています。

仕事や対人関係で悩んでいる人におすすめのパワーストーンです。


ダイヤモンド鉱山で有名なサハ共和国のチャロ川で発見されたことからこの名前がつきました。

マンガンを含有することで美しい紫色を発しています。

現在はムルン山でしか産出しないため希少なパワーストーンとされています。

高値で売却できるため乱掘が進みやがては枯渇してしまうといわれています。

スギライト

疲れが取れるパワーストーン

スギライトは感受性の強い人に影響を与えやすいパワーストーンです。

ちょっとしたことを気にして落ち込みがちな人を前向きにし自己を肯定する力を与えてくれます。

発想力を高め仕事で行き詰まった人に良いアイデアをもたらしてくれるとも言われています。

色が黒に近いものは魔除けの効果も持つとされています。


スギライトは日本の愛媛県岩城島で発見されました。

日本語で「杉石」と言います。

杉石を分析し新鉱物として申請した村上允英氏の恩師であり最初の発見者とも言われている杉健一氏にちなんでこの名前がつきました。

日本発祥の数少ないパワーストーンです。

心を整える

疲れが取れるパワーストーンといっても手に入れただけで元気になるわけではありません。

石の美しさを見たり波動を感じることで心を落ち着かせ、余計なストレスを溜めこまないようにするのです。

「このパワーストーンがあれば大丈夫!」と自信を持つことも効果的です。

「最近なんとなく疲れたなあ」という感覚は精神的な要因に拠ることが少なくありません。

心を整えることで体のリズムを好転させるきっかけとしてパワーストンを役立てましょう。


世界三大ヒーリングストーンと言われる石はパワーストーンとしては意外と高いです。(といっても数百円から千円ほどですが)

ブレスレットにする場合は水晶などと組み合わせワンポイントとしてヒーリングストーンを取り入れても良いでしょう。


癒しのパワーストーンはコチラから↓

パワーストーンの意味一覧

↑ PAGE TOP