パワーストーン
  1. パワーストーンweb
  2. 天然石のコラム
  3. 賢者の石と呼ばれるパワーストーンとは?

賢者の石と呼ばれるパワーストーンとは?

ゲームや映画などで「賢者の石」というものが度々登場します。

例えば「ドラゴンクエスト」や「ハリーポッター」などが有名です。

ハリポタの場合はタイトルに「賢者の石」と入っています。

では実際に「賢者の石」と呼ばれるパワーストーンが存在するのか?ということですが存在します。

その石の名前は「シナバー」といいます。

賢者の石 パワーストーン

賢者の石とは?

そもそも賢者の石とは何かというと卑金属を黄金に変える能力を持った石のことです。

大昔から人類は卑金属に化学反応を起こすことで黄金が作れると信じていました。

そしてそのための様々な実験を行っていたのが錬金術師たちです。

昔の人はバカなことをしていたと思うのは早計です。

錬金術師たちが実験で得た成果の中には現代の化学の基礎となったものが多くあります。

また現代の化学では卑金属から黄金をつくることは理論上不可能ではないと言われています。


当時の錬金術に影響を与えた学者のジャービル・イブン・ハイヤーンの説によると、黄金をつくるには水銀と硫黄の比率が重要とされていました。

そして水銀と硫黄の化合物である硫化水銀を使えば黄金が作れるのではないかと考えました。

その硫化水銀を含む石が「シナバー」だったのです。

そこからシナバーが賢者の石とされるようになりました。


賢者の石のもう一つの能力としてエリクサーを生み出すというものがあります。

エリクサーというのは飲めば不老不死になれるという伝説の水です。

中世のドイツではテオフラストゥス・ホーエンハイムという医者がシナバーから作ったエリクサーを治療に用いていたと言われています。

(※賢者の石それ自体をエリクサーと呼ぶこともあります。)

中国の不老不死の秘薬

シナバーの不老不死の伝説は中国にもあります。

シナバーは中国では辰砂(しんしゃ)と呼ばれています。

中国には紀元前から神仙思想というものがありました。神仙思想とは簡単にいうと不老不死の仙人になることを目指す思想です。

そしてこの神仙思想において辰砂を他の物質と調合することで不老不死の薬が作れると信じられていたのです。

そして本当に不老不死の身になった人がいるという言い伝えもあります。

しかし辰砂の成分は硫化水銀です。「朱砂安神丸」という漢方薬として使用されることもありますが、知識のない人が体内に取り入れると非常に危険です。

実際に中毒死した人もいたそうです。

ハリーポッターの賢者の石

ハリーポッターの映画に出てくる賢者の石にも金属を黄金に変える力と、不老不死の水エリクサーを作り出す力の両方が備わっていました。

きっとシナバーに伝わる言い伝えから着想を得たのではないでしょうか?

現在、パワーストーンとしてのシナバーには生命力を高め、潜在能力を引き出す力があると言われています。

パワーストーンの意味一覧

↑ PAGE TOP