パワーストーン
  1. パワーストーンweb
  2. 天然石のコラム
  3. モーニングジュエリーとは?本当の意味

モーニングジュエリーとは?本当の意味

モーニングジュエリーは喪に服す期間に故人を偲ぶために身につける宝石のことです。

モーニング(mourning)とは「哀悼」という意味です。

日本では真珠がモーニングジュエリーとして有名です。

最近では故人の髪の毛をネックレスに入れてくれるサービスもあります。

ヨーロッパではジェット(黒玉)がモーニングジュエリーとして一般的です。

真珠にしてもジェットにしてもモーニングジュエリーとして広まった背景にはイギリス王室が大きく関係しています。

なぜお葬式で真珠をつけるのか?

モーニングジュエリー

日本ではお葬式の際にモーニングジュエリーとして真珠を身につけることが多いです。

ではなぜ真珠なのでしょうか?これには二つの説があります。


かつて日本のお葬式では和装が多かったのでジュエリーは不要でした。

しかし洋装が一般的になるとマナーとしてジュエリーが必要になります。

(※洋装はジュエリーを身につけて完成と言われています)

あるテレビ番組でお葬式にどんなジュエリーをつけるべきか聞かれた専門家が「人魚の涙と呼ばれることもあるので真珠が良いのでは?」と答えたことで広まったとする説があります。

そしてこれに真珠業界も乗っかったというわけです。


もう一つの説としてはイギリスのエリザベス女王がチャーチル首相の葬儀で身につけていたことで皆がそれに倣ったという説です。

多くの国で真珠は涙の象徴とされていますので悲しみを表すのに向いているモーニングジュエリーといえます。

ヨーロッパではジェット

モーニングジュエリー

ヨーロッパではジェットがモーニングジュエリーとして一般的ですがそのきっかけはヴィクトリ女王と言われています。

15世紀頃からジェットがモーニングジュエリーとして使われることはありました。

しかしヨーロッパ全土で有名にしたのはヴィクトリア女王です。

彼女の最愛の夫であるアルバートが亡くなってしまったときに喪に服すためにつけていたことで広まったのです。

またお葬式のときに黒を身につけるという習慣もこのときから始まったとされています。

産出量が減ってしまったジェットは希少とされ、中でも高品質なものは「ヴィクトリアン・ジェット」と呼ばれています。

実は日本の皇室でもジェットはモーニングジュエリーの一つになっています。

パワーストーンの意味一覧

↑ PAGE TOP