パワーストーン
  1. パワーストーンweb
  2. 天然石のコラム
  3. モース硬度とは?測り方も解説します

モース硬度とは?測り方も解説します

パワーストーンの説明を見ていると、ときどき「モース硬度」というものが数字で記載されています。

これは鉱物の硬さを示す数値で1~10までの数字で表すことができます。

ドイツの鉱物学者であるフリードリッヒ・モースが1812年に考案しました。

モース硬度の意味

フリードリッヒ・モースは硬さの基準となる10種類の鉱物を選び、軟らかいものから順に並べ1~10までの数字をつけました。

これがモース硬度の基準です。具体的には以下の鉱物が選ばれています。

これらの鉱物と硬さを比べることで他の鉱物のモース硬度を決定します。

例えばトパーズと同じ硬さであればモース硬度は8ということになります。

モース硬度は正比例している数値ではありませんのでモース硬度2の鉱物は硬度1の2倍の硬さがあるというわけではありません。

極端な話、モース硬度1と9の差よりも、9と10の差の方が大きいのです。それだけダイヤモンドは硬いということです。

モース硬度の測り方

具体的なモース硬度の計り方ですが実に原始的な方法で行います。

たとえばAという鉱物があったとします。

このAを燐灰石(硬度5)と擦り合わせたときに両方に傷がついた場合、Aのモース硬度は5ということになります。

(Aにも燐灰石にも傷がつかなかった場合もモース硬度は5です)

今度は別の鉱物Bがあったとします。このBを燐灰石と擦り合わせたときにBにのみ傷がつけば燐灰石よりも軟らかい鉱物ということが分かります。

つぎにBと蛍石(硬度4)を擦り合わせてみます。このとき蛍石にのみ傷がつけばBは蛍石よりも硬いということが分かります。

つまり蛍石(硬度4)と燐灰石(硬度5)の間の硬さということになります。

この場合はモース硬度4.5となります。

蛍石に近いような気がするから4.3などと中途半端な数字で表すことはありません。中間の硬さのものは全て「0.5」をつけることで統一します。

また同じ鉱物でも擦る方向によって傷のつきやすさが異なることがありますので、藍晶石のように「4-7.5」と幅を持って表される場合もあります。

モース硬度計

モース硬度の基本的な測り方はさきほど説明した通りです。

商品として販売されている「モース硬度計」も基準となる10個の鉱物が箱に入って売っているだけです。

「硬度計」というよりは石の標本箱のようなものです。

モース硬度計(鉱物鑑定) 木箱入

熱伝導率で測る装置や、先端に石がついた鉛筆型の硬度ペンシルという道具も売っていますがそれほど普及していません。

モース硬度

パワーストーンの意味一覧

↑ PAGE TOP