パワーストーン
  1. パワーストーンweb
  2. 天然石のコラム
  3. パワーストーンを浄化する方法

パワーストーンを浄化する方法

「浄化」とはパワーストーンを清めることです。

初めてパワーストーンを身につけるときは事前に浄化することをおすすめします。

なぜならあなたの手に届くまでには採石した人、研磨した人、販売した人と複数の人の手を渡ってきます。

石は気を吸い込むと言われているので、他人の気が入ってしまっているかもしれません。

それらの気を浄化することによって取り除くのです。

初めて身につけるときだけではなく新たな願いを掛けたい場合や、パワーストーンの効力が落ちてきたと感じたときにも浄化は有効です。

浄化の方法はいくつかありますので詳しく説明します。

太陽光にあてる

パワーストーンを浄化する方法

太陽の光に当てることでパワーストーンを浄化することができます。

外に出さなくても室内の陽のあたる場所に置いておけば大丈夫です。

期間は1日から3日ほどです。何日か行う場合は日没後はしまって、翌朝再び陽にあてます。ずっと置いたままにしてはいけません。

朝日が最も浄化の効果が高いと言われています。

アメジストやアンバーなどは変色する恐れがあるので注意してください。

月の光にあてる

パワーストーンを浄化する方法

月の光でも浄化は可能です。

太陽光ほどの強力な光ではありませんので変色が心配なパワーストーンでも浄化できます。

満月の夜が理想的とされていますが、それ以外の月でも問題はありません。

1分か2分かざすだけでも効果はあります。

塩の上に置く

パワーストーンを浄化する方法

塩を容器に盛ってその上にパワーストーンを置きます。1日置いておけば浄化できます。

塩は料理で使う細かいものよりも天然塩のほうが効果的です。

浄化が終わったら軽く水ですすいでよく拭いてください。

ターコイズやアンバーは変色する恐れがあります。

また金属がついたブレスレットなども塩が変色の原因となりますので注意してください。

流水に浸ける

パワーストーンを浄化する方法

人の手が加わっていない清流の水に浸けて浄化することもできます。

しかしそこまで行くのは大変ですし、パワーストーンが流されてしまうこともあります。

そこで市販の天然水に一晩つけておくことで代用できます。

ターコイズやカルサイトは長時間水に浸けておくと痛む場合がありますので注意しましょう。

お香・セージ

パワーストーンを浄化する方法

お香や線香の煙にくぐらせるのも効果的な浄化方法です。

だからといって仏壇にあげたお線香のけむりを使ってはいけません。

仏様に失礼ですし、浄化の効果も得られません。ちゃんと浄化のためだけに焚いてください。

シソ科の植物であるホワイトセージを焚いて浄化することもできます。

ホワイトセージはパワーストーンだけではなく、部屋全体を浄化することもできます。

この場合もパワーストーンの浄化と部屋の浄化は分けて行いましょう。

クラスター

パワーストーンを浄化する方法

お金はかかりますが水晶のクラスターの上に載せておくと浄化することができます。

クラスターというのは群生のことです。大きな塊として様々な方向に水晶のパワーを放出します。

この上にパワーストーンを載せておくことで力を蓄えることができます。

パワーストーンの意味一覧

↑ PAGE TOP