パワーストーン
  1. パワーストーンweb
  2. 天然石のコラム
  3. 世界で一番大きいダイヤモンド「カリナン」の値段とエピソード

世界で一番大きいダイヤモンド「カリナン」の値段とエピソード

世界最大のダイヤモンドは3106カラットの「カリナン(cullinan)」です。(原石)

現在は9つにカットされ大きいものから順に"カリナンⅠ"から"カリナンⅨ"までの名前がつけられています。

カットされた中で最も大きい530.2カラットのカリナンⅠは王笏(装飾的な杖)にはめ込まれ、現在はロンドン塔に展示されています。

1988年に"ザ・ゴールデン・ジュビリー"に抜かされるまではカリナンⅠが世界最大のカットされたダイアモンドでした。

世界最大のダイヤモンド

世界最大のダイヤモンドの値段

1905年に原石が発見されたカリナンは世界最大のダイヤモンドとして話題になりました。

そしてこれを買ったのは南アフリカ共和国政府です。気になる値段は15万ポンドだったそうです。

当時の平均的な年収は50ポンドくらいと言われていましたので、今の価値に直すと1ポンドは10万円くらいでしょうか。

今で言ったら150億円のダイヤモンドということになります。

ダイヤモンドは大きさが2倍になると価格は2乗倍になる傾向がありますのでこれくらい高価になるのも納得です。

ちなみにカットされたダイアモンドは全てが王室や王族の持ち物になっていますのでその後は値段がつけられたことはありません。

世界最大のダイヤモンドの値段

カリナンのエピソード

カリナンは南アフリカのダイヤモンド採掘場で、現場マネージャーだったフレデリック・ジョージ・スタンレー・ウェルズによって発見されました。

(※作業員のトーマス・エバン・パウエルが最初に見つけウェルズに知らせたという説もあります)

この功績によりウェルズには特別ボーナスとして1万ドルが支払われたそうです。

そして鉱山の所有者であるトーマス・カリナンにちなんで「カリナン」という名前がつけられました。

世界最大のダイヤモンドが発見されたというニュースはすぐに広まり、南アフリカ政府が買い取りを申し出ました。

イギリス国王のエドワード7世の誕生日プレゼントにしようと考えたのです。


しかしここで一つの問題が持ち上がります。ダイアモンドをどのようにイギリスまで運ぶかということです。

世界最大のダイヤモンドであるということは多くの人に知れ渡っているので運送の途中で盗まれるリスクがあります。

誰も運びたがらなかったため保険会社に多額の保険料を支払って依頼することにしました。

そしてその保険会社は普通の荷物として郵便で送ることにします。

さらにダミーとして厳重に包装した別の荷物も送りました。多くの人はこちらにダイヤモンドが入っていると考えたのです。

案の定ダミーの荷物は運送の途中で何者かに盗まれてしまいました。


無事にイギリスに運び込まれたカリナンは宝石加工師のジョセフ・アッシェルがカットすることになりました。

アッシェルの仕事場まで運ぶときは「郵便で送る」という噂を流しました。

実際には人の手で運ばれましたがこれも成功します。


アッシェルがダイヤモンドをカットしようとすると中に一本の筋が入っていました。

カットの仕方を間違えるとそこから砕けてしまいます。

アッシェルは何日も考えた末に全部で9個に分けることにしました。そしてナイフを入れるべきポイントを見つけ出しカットに成功します。

あまりの緊張のため作業中に卒倒してしまったともいわれています。

こうしてカットされたカリナンはエドワード7世へと献上されました。

パワーストーンの意味一覧

↑ PAGE TOP