パワーストーン
  1. パワーストーンweb
  2. 天然石のコラム
  3. クリスタルとクオーツと水晶の違い

クリスタルとクオーツと水晶の違い

クリスタル(結晶)の一種がクオーツです。

クオーツの中で無色透明なものを水晶(ロッククリスタル)と呼びます。

紛らわしいのですが水晶(ロッククリスタル)とクリスタルは別のものです。

クリスタルというのは結晶している固体の総称です。

日本では透明のガラスのようなものを全てクリスタルと呼んでしまうことが多いのでさらに紛らわしくなっています。

パワーストーンの販売店でも曖昧なところが多いです。

クリスタル

クリスタルとは?

クリスタルとは原子や分子がパターン化されて配列された固体のことです。

日本語にすると「結晶」です。つまりクオーツに限らず規則的なパターンの分子配列を持つ個体の総称です。

クリスタルの語源は昔のフランス語の「cristal」(氷、氷のような鉱物の意み)に由来しています。

クオーツとは?

クオーツというのはケイ素の酸化物である二酸化ケイ素が結晶してできた鉱物です。

日本語では石英(せきえい)とも呼ばれます。結晶していますのでクリスタルの一種といえます。

一般的な鉱物であるため世界中で産出されます。中でもアメリカ、ブラジルが多いです。

日本でも過去に山梨などで採掘されましたが、現在、商用としてクオーツを採掘している場所は国内にありません。


クオーツの中でも無色透明なものを水晶(ロッククリスタル)と呼びます。

パワーストーンとして販売されるときには単にクリスタルと呼ばれることもあります。

強力な力を秘めており太古より占術や神事に利用されてきました。

クオーツはその色によって名称やもたらしてくれる効果が異なります。


水晶(ロッククリスタル)
ロッククリスタル

紅水晶(ローズクオーツ)
ローズクオーツ

紫水晶(アメシスト)
アメジスト

黄水晶(シトリン)
シトリン

黒水晶(モーリオン)
モーリオン

パワーストーンの意味一覧

↑ PAGE TOP